白内障手術について皆様からよくいただくご質問に

『白内障手術の費用はどのくらいですか?』

があります。

 

まずは…手術の時に目の中にいれる『眼内レンズ』の種類により異なります。

大きく分けて、『単焦点レンズ』『多焦点レンズ』(3焦点、2焦点+焦点深度拡張、2焦点など)です。

 

以下が当院の場合の総費用の概算です。

※選定療養や自由診療の総費用は、各医療施設により異なります

 

 

 

 

【①単焦点レンズ】

単焦点レンズは従来の眼内レンズで、保険が効きますので、受けられる方の負担割合によって変わります。

片眼につき、1割負担の方:1万5千円程度、 2割負担の方:3万円程度、 3割負担の方:4万5千円程度です。

 

また、『高額療養費制度』といって、その月の医療費が一定額を超えた場合、超過分が戻ってきます。(例えば、70歳以上で年収370万円以下の方は、ひと月に両眼の白内障手術をしても、上限は1万8千円(または8千円)となります。)その上限額は年齢と所得で決まりますので、ご自身が加入されている公的医療保険にお問い合わせください。

 

さらに前もって『限度額適用認定証』等を申請していただくことで、手術日に上限までのお支払いで済みますので、併せてお問い合わせください。

 

詳細は下記『日帰り白内障手術』のページをご確認下さい。

https://miyazakiganka.net/cataracts/

 

 

【②多焦点レンズ】

多焦点レンズは、その種類により大きく費用が異なります。原則として…

①日本で認可されているレンズ:選定療養

②未認可のレンズ:自由診療

となります。

 

【各種多焦点眼内レンズの費用総額一覧】(当院)

※選定療養や自由診療の総費用は、各医療施設により異なります

 

日本で認可されている多焦点レンズは、選定療養として保険が効き、『保険費用+レンズの差額分の費用』を支払うシステムとなりました。これまでの自由診療での費用と比較して、かなり費用的に抑えられるようになり、皆様にとって良いシステムとなりました。

 

 

また、現在焦点の眼内レンズには、保険のみで賄えるものがあります。焦点が2つあることから、単焦点レンズに比較してより広い範囲が眼鏡なしで見ることができ、費用も単焦点と同じ3割負担で45,000円程度、1割負担では15,000円程度です。詳細は下記をご参照下さい。

 

白内障手術についてよくあるご質問『保険が効く2焦点レンズはどうですか?』

https://miyazakiganka.net/blog/blog-doctor/805/

 

 

レンズの種類や選び方などの詳細は下記ページをご参照下さい。

 

『眼内レンズはどのように選んだら良いですか?』

https://miyazakiganka.net/blog/blog-doctor/815/

 

『多焦点眼内レンズについて』

https://miyazakiganka.net/lens/

 

 

レンズの種類や、ご年齢と所得、加入されている保険の種類によって変わってきますので、それらを総合的に考え合わせた上で、どのレンズを選択するかを一緒に考えていきましょう。

 

 

白内障および白内障手術については、当院ホームページの各項目や、『院長ブログ』に『よくあるご質問』としてまとめさせていただいております。また『福岡白内障専門サイト』に動画を交えてご案内もさせていただいております。個別のご相談がございましたら、ホームページの『お問い合わせ』からメールを頂けましたら、数日以内に回答させていただきます。ご来院・受診していただけますと、目の状態も含め、直接お話させていただきたいと思います。

 

 

※『白内障手術についてよくあるご質問』: 

https://miyazakiganka.net/news/679/

※『福岡白内障専門サイト』: 

https://miyazakiganka.net/news/501/

※『みやざき眼科 お問い合わせフォーム』

https://miyazakiganka.net/contact/