now loading

多焦点眼内レンズとは

従来の単焦点眼内レンズは、どこか1ヶ所にピントが合いますが、その位置から離れると見えにくくなり、眼鏡が必要になります。多焦点眼内レンズは、遠くも近くも両方見えるため、眼鏡があまり必要にならなくなります。皆様の生活スタイルや趣味、お仕事などによっても、メリットとデメリットがありますので、是非ご相談の上、最適な眼内レンズの選択を決めていきましょう。

焦点レンズ 焦点レンズ
見え方 「遠く」または「近く」の
どちらか一方がよく見える
「遠く」と「近く」の
両方がある程度よく見える
メガネ 必要 あまり必要ではない
保険 保険適応 自由診療・選定療養・保険適応
料金(片眼) 1割負担:約15,000円
3割負担:約45,000円
自由診療:40~60万円
選定療養:20~25万円
保険適応:左記と同様
適している方
  • 1ヶ所をハッキリ見たい方
    (細かい仕事をされる方)
  • 裁縫などを長時間される方
  • メガネをかけたくない方
  • 裸眼でスポーツをされたい方
    (ゴルフ、ダイビングなど)
  • 『選定療養』とは、日本で認可された多焦点レンズにおいて一部保険適応となり、自由診療と比較して費用が抑えられる制度です。
  • あくまで一般論ですので、個別にご相談ください。

多焦点眼内レンズの見え方

単焦点眼内レンズの見え方

単焦点眼内レンズの見え方

通常の単焦点レンズでは、一点にピントが合いますが、それ以外にはピントが合わず、眼鏡が必要になります。
右図のように遠くにピントが合っている場合には、近くはぼやけるため、老眼鏡が必要です。

多焦点眼内レンズの見え方

多焦点眼内レンズの見え方

多焦点レンズでは、完全にあらゆる距離にピントが合うわけではありませんが、遠くも、比較的近くもよく見えます。眼鏡を使う頻度はかなり減ります。
一方暗い場所では光が少し散乱し、光の周辺に輪がかかって見える(ハロー・グレア現象)を自覚しやすくなります。

ハロー・グレア現象

右図のように、光の周りに輪が見えるような状態になりますので、夜間の運転などには少し支障がでる場合があります。

ハロー・グレア現象

多焦点眼内レンズの種類

日本で認可されていないものも含め、数多くの多焦点レンズが存在します。下記が現時点で当院で取り扱いのあるレンズです。

レンズ外観 パンオプティクス テクニス シナジー ミニウェルレディ ファインビジョン トライアンフ アクリバ トリノバ レンティスコンフォート
レンズ名 PanOptix
パンオプティクス
Tecnis Synergy
テクニス シナジー
Mini Well Ready
ミニウェルレディ
Fine Vision Triumf
ファインビジョン トライアンフ
Acriva Trinova
アクリバ トリノバ
Lentis Comfort
レンティスコンフォート
デザイン 3焦点回折型 2焦点回折型
+焦点深度拡張
焦点深度拡張型 3焦点回折型
+焦点深度拡張
正弦波回折型 文節状屈折型
特徴 3焦点を有し、パソコン~近方の見え方に強い。ハロー・グレアは少しあり。本邦認可レンズで、発注から手術までスムーズ。 回折型と焦点深度拡張型の融合。幅広い焦点域を有し、自然な見え方、近方にも強い、ハロー・グレア少。本邦認可レンズ。 広い焦点深度を持ち、遠方~中間が良く見える。自然な見え方。近くはやや弱い。ハロー・グレアはほとんどなし。 回折型と焦点深度拡張型を融合した眼内レンズ。幅広い焦点域を有し、光学的ロスも少なく、ハロー・グレアも少。 3つの焦点を持ち、回折型としてはハロー・グレアが少ない。光学的ロスも少なく、暗所での視認性も良好。 多焦点レンズでは唯一保険適応であり、費用が抑えられる。グレア・ハローは少ない。遠方に合わせると近くは見えにくい。
ピントの数と位置 3焦点
(中間約 60cm
近方約 40cm)
2焦点+広い焦点
(遠方~
近方約 35cm)
広い焦点
(遠方から
約 45cm)
3焦点+広い焦点
(遠方~
近方約 40cm)
3焦点
(近方約 40cm)
2焦点
(中間約 75cm)
ハロー・グレア やや少ない やや少ない ほぼなし 少ない 少ない ほぼなし
コントラスト感度
乱視矯正 ×
保険適応 × × ×
日本での認可 × × ×
費用(税込) 選定療養
保険費用+20万円
選定療養
保険費用+20万円
自由診療
50万円
自由診療
60万円
自由診療
55万円
保険適応
3割:約4万5千円
製造メーカー Alcon
(アメリカ)
AMO
(アメリカ)
SIFI Metech
(イタリア)
PhysIOL
(ベルギー)
VSY Biotech
(オランダ)
Oculentis
(オランダ)

多焦点レンズの費用の詳細

種類 構造 費用総額
パンオプティクス 3焦点 選定療養 1割負担:21万5千円、 
3割負担:24万5千円
(乱視用: +2万円)
テクニス シナジー 2焦点+焦点深度拡張 選定療養 1割負担:21万5千円、 
3割負担:24万5千円
(乱視用: +2万円)
ミニウェルレディ 焦点深度拡張 自由診療 50万円 (乱視用: +5万円)
ファインビジョン
トライアンフ
3焦点+焦点深度拡張 自由診療 60万円
アクリバ トリノバ 3焦点 自由診療 55万円 (乱視用: +5万円)
レンティスコンフォート 2焦点 保険適応 1割負担:1万5千円、 
3割負担:4万5千円
  • 選定療養とは、追加費用を負担することで保険適応の治療と保険適応外治療を併せて受けることができる制度です。 日本で認可された多焦点眼内レンズは選定療養の対象となり、他の多焦点レンズと比較して費用をかなり抑えることができます。

多焦点眼内レンズの種類や度数の決定について

新しい多焦点眼内レンズの出現で、その選択の幅が遥かに広がりました。これは患者さんにとって素晴らしい進歩ですが、その分レンズの決定には個人に合わせた慎重さが求められ、高い手術精度も求められるようになっています。
みやざき眼科では、患者さんひとりひとりの生活スタイルに出来るだけ合わせられるように、十分な話し合いの上眼内レンズを選択し、高いレベルの手術で皆様の生涯の見え方を快適なものにするために全力を尽くします。
是非お気軽にご相談ください。

当院における現時点での眼内レンズ選択

当院における現時点での眼内レンズ選択
  • あくまで当院での考え方で、個人個人の生活スタイルや目の状態、見え方の要求度で変わります。
  • 多焦点レンズは、目の疾患の有無や、乱視の状態、瞳孔の大きさなどで適応外の場合があります。
  • 多焦点レンズは、一部慣れない、合わない、適応しにくい方がおられます。
福岡市早良区の『みやざき眼科』白内障・網膜硝子体手術の日帰り手術
  • 眼科
  • 日帰り手術
〒814-0022
福岡市早良区原5丁目15-17
受付時間日・祝
8:45~12:15-
13:45~17:00手術手術--
お気軽にお問い合わせください。
092-407-2031
受付時間:8:45~12:15 / 13:45~17:00
お問い合わせ