now loading

硝子体手術とは

硝子体手術とは、大切な網膜やその周辺の疾患(黄斑上膜・網膜前膜、黄斑円孔、増殖糖尿病網膜症、硝子体出血、網膜剥離など)を治療する手術です。
白内障手術に比較して、高度な技術と豊富な経験が必要となるため、行っている施設は多くはありません。
当院の院長は九州大学病院にて病棟医長として1,000例を超える硝子体手術の執刀経験を有し、また網膜の疾患の専門外来である『網膜硝子体再来』の主任を4年以上歴任し、この分野には深い造詣があります。

近年の網膜硝子体手術の技術の進歩は目覚しく、日帰りで手術が行えるようになり、手術時間も多くは15~30分程度とより患者さんにとって負担が少なくなりました。
そして単に治すだけではなく、これまでの数多くの経験と技術で、術後に少しでも良い視力に回復するよう最善を尽くします。

硝子体手術の対象となる疾患

下記に示すように、非常に多岐にわたる目の疾患に対し、この硝子体手術が適応となります。九州大学病院にてすべての症例の数多くの執刀経験を有しています。

  • 黄斑上膜・網膜前膜
  • 黄斑円孔
  • 網膜剥離
  • 糖尿病網膜症
  • 硝子体出血
  • 硝子体混濁
  • 眼内レンズ脱臼・眼内レンズ落下
  • 網膜下出血・黄斑下出血(加齢黄斑変性、網膜細動脈瘤破裂など)
  • 黄斑浮腫(網膜静脈分枝閉塞症、糖尿病黄斑浮腫など)
  • ぶどう膜炎・眼内炎
  • 増殖硝子体網膜症

手術機器

当院で採用している『Stellaris PC』は、Bausch + Lomb の歴史ある技術を生かし、 Procedural Choice という高性能かつ多彩な機能を組み合わせた革新的プラットフォームの白内障・硝子体手術装置です。

最大5,000cpmの超高速ニューマティック硝子体カッターに加え、キセノンとマーキュリーベーパーの独立した2系統の光源を搭載しています。キセノンランプには最適な視認性を得るための可変式カラーフィルターを内蔵しています。世界水準のVitrectomyとPhacoパフォーマンスを1台にまとめた先進的システムです。白内障手術は1.8mm切開まで対応可能なMICSシステムを搭載し、硝子体手術は20G/23G/25Gに対応しています。

また、当院では『広角観察システム Leika panoramic viewing RUV800』を導入しています。
このシステムを用いることで、眼科手術顕微鏡と連動し、インバーターを内蔵することで常に網膜の正立像を提供、広角132DのXLViewルーペまたは高倍率用の90Dルーペを用いた鮮明かつ高品質な広範囲網膜観察像が得られます。これによる手術中広範囲の視野を確保し、手術中の合併症の出現を抑制し、手術を効率化、手術時間の短縮を実現させています。

硝子体手術装置『Stellaris PC』
硝子体手術装置『Stellaris PC』
広角観察システム『RUV800』
広角観察システム『RUV800』

実際の硝子体手術

  • 手術時間は症例により異なりますが、多くは15分~30分程度です
  • 麻酔は目の周りに行い、手術中はほとんど痛みを感じることはありません
  • 術後3日目には洗顔・洗髪も可能です

極小切開25Gシステムの硝子体手術を施行しています。非常に創口が小さいため、ほとんど傷口を縫うことなく自己閉鎖が可能で、患者さんへの負担も少なく、合併症も減少し、術後の回復もかなり早まりました。
また、硝子体を切除する硝子体カッターは標準で1分間に5,000回転の切除効率を有し、合併症の発症を高度に抑制し、飛躍的に手術時の安全性が高められています。
さらに上記の眼内広角観察システムを用いることで、より安全に、より効率的に手術を遂行することが可能となっています。

極小切開25Gシステムの硝子体手術

手術は局所麻酔で行います。麻酔の効果で手術中はほとんど痛みを感じることはありません。

黒目から3-4mm離れた白目の部分に0.5mm程度の非常に小さい穴(ポート)を3箇所作成します。1箇所は手術中に目の形と圧力を保つために人工眼内灌流液を持続的の供給する灌流ポート、1箇所は眼内の微細な状態を確認するための照明を挿入する照明ポート、そしてもう1箇所は種々の微細な眼内作業(硝子体切除、黄斑上膜摘出、内境界膜剥離、増殖膜処理、レーザー照射等)を行うための作業ポートです。
手術終了時には多くは目の中に人工眼内灌流液を満たして終了しますが、病気の種類によっては目の中を空気や長期滞留ガス、シリコンオイルなどを充填して終了することもあります。

状態によっては翌日からのお仕事も可能で、術後3日目には洗顔・洗髪も可能です。

硝子体手術の費用

保険診療となりますので、皆様の負担割合により費用が異なります。
高額療養費制度により月々の自己負担に上限額があり費用が抑えられます、是非ご相談ください。

70歳未満
年収 費用(窓口負担) 自己負担限度額(同一月)
約770万円以上 3割 片目:約120,000円
約370~770万円 80,100円+
(医療費-267,000円)×1%
約370万円以下 57,600円
住民税非課税 35,400円
70歳以上
負担割合 1割 2割 3割 住民税非課税
費用(片目) 18,000円 18,000円 約120,000円
(収入等により
上限額あり)
8,000円

高額療養費制度とは、同月内にかかった医療費が高額になった時に、国から補助が出る制度です。自己負担限度額を超えた分が払い戻されます。
詳細はご加入の保険者にお問い合わせください。

厚生労働省HP
福岡市早良区の『みやざき眼科』白内障・網膜硝子体手術の日帰り手術
  • 眼科
  • 日帰り手術
〒814-0022
福岡市早良区原5丁目15-17
受付時間日・祝
8:45~12:15-
13:45~17:00手術手術--
お気軽にお問い合わせください。
092-407-2031
受付時間:8:45~12:15 / 13:45~17:00
お問い合わせ