当院では、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術を『選定療養』にて行っております。

 

これは日本で認可された多焦点眼内レンズであれば「多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」の費用の一部が保険が効くことにより、これまでの高額な自由診療と比較して、費用面で皆様の負担が大きく軽減されることになりました。

 

自由診療選定療養『保険診療分+差額レンズ費用等』(※差額レンズ費用等の金額は施設により異なります)

 

【例】1割負担の方の場合(国内認可多焦点レンズ:PanOptix、TECNIS Synergy)

これまで:自由診療…片目 50万円(術前検査や術後3ヶ月の検査薬剤費用を含む)

選定療養片目 約21万5千円(保険診療分 約1万5千円+差額レンズ費用等 20万円(当院の場合です)

 

 

【当院における白内障手術の費用】

 

【各種多焦点眼内レンズの費用】(当院の場合です)

 

術後に眼鏡を全く使わずに常に裸眼で生活することを目指す「多焦点眼内レンズ」が、『選定療養』の制度を利用することによりかなり費用を抑えられることになったことは、皆様にとってとても良いことだと思います。

 

白内障手術における眼内レンズの選択はとても悩まれると思います。皆様の生活やお仕事、趣味などを考慮した上で、各種眼内レンズのメリット・デメリットを考え合わせて、皆様に最適な眼内レンズをご提案したいと考えています。

 

白内障および白内障手術については、当院ホームページの各項目や、『院長ブログ』に『よくあるご質問』としてまとめさせていただいております。また『福岡白内障専門サイト』に動画を交えてご案内もさせていただいております。個別のご相談がございましたら、ホームページの『お問い合わせ』からメールを頂けましたら、数日以内に回答させていただきます。ご来院・受診していただけますと、目の状態も含め、直接お話させていただきたいと思います。

 

 

※『白内障手術についてよくあるご質問』: 

https://miyazakiganka.net/news/679/

※『福岡白内障専門サイト』: 

https://miyazakiganka.net/news/501/

※『みやざき眼科 お問い合わせフォーム』

https://miyazakiganka.net/contact/