白内障手術について皆様からよくいただくご質問に

『白内障手術の危険性はどのくらいですか?合併症には何がありますか?』

があります。

 

『近年の白内障手術では、危険性はほとんどありません。ただ100%の手術はありませんので、可能性は低いですが、いくつか合併症のリスクはあります。とお答えしています。

 

 

近年の白内障手術は高度に進歩し、危険性(合併症)の可能性はかなり低くなりました。ただ、100%の手術はありませんので、手術である限り、どんなに手術が上手くいっても、合併症の可能性はわずかですがあります。以下が白内障手術における主な合併症の一覧です。(これが全てではありません。)

 

①細菌性眼内炎: 細菌による目の中の感染症

②駆逐性出血: 目の中の出血

③網膜剥離: 網膜が剥がれる

④水晶体嚢やチン氏帯脆弱・破損による眼内レンズ挿入困難: 目の中が弱くて眼内レンズが入れられない

⑤水晶体核落下: 摘出予定の水晶体が目の奥に落下

⑥角膜障害: 手術による黒目(角膜)の障害

⑦術後の屈折ズレ: 裸眼での焦点の位置が計算とズレる

⑧眼内レンズ偏位・脱臼: 入れたレンズがズレたり、落下する

⑨嚢胞様黄斑浮腫: 目の奥の網膜の中心部が腫れて見えにくくなる

⑩後発白内障: レンズの入れ物である水晶体嚢が濁って見えにくくなる

 

合併症も、極めて稀ですが失明に至るものから、軽度で簡単に対処が可能なものまで様々です。おしなべてほぼ安全で、ほとんどすべての方は問題なく手術を終えております。ただ100%安全な手術はなく、稀ではありますが、上記合併症の可能性があることはご了承いただけますよう宜しくお願いいたします。

 

各合併症について詳しくお知りになられたい方は、『お問い合わせ』等にてお尋ねいただけましたらと存じます。

 

 

白内障および白内障手術については、当院ホームページの各項目や、『院長ブログ』に『よくあるご質問』としてまとめさせていただいております。また『福岡白内障専門サイト』に動画を交えてご案内もさせていただいております。個別のご相談がございましたら、ホームページの『お問い合わせ』からメールを頂けましたら、数日以内に回答させていただきます。ご来院・受診していただけますと、目の状態も含め、直接お話させていただきたいと思います。

 

 

※『白内障手術についてよくあるご質問』: 

https://miyazakiganka.net/blog/blog-doctor/661/

※『福岡白内障専門サイト』: 

https://miyazakiganka.net/news/501/

※『みやざき眼科 お問い合わせフォーム』

https://miyazakiganka.net/contact/