now loading

白内障手術についてのよくあるご質問『白内障になるとどういう見え方になりますか?』

白内障手術について皆様からよくいただくご質問に

『白内障になるとどういう見え方になりますか?』

があります。

 

『目の中の透明なレンズが濁ってきますので、少し濁ったガラス越しに見るような感じで、かすんで見えたり、視界がぼやけたり、まぶしく感じたり、ダブって見えたり、といった症状になります。とお答えしています。

 

白内障は、目の中にある水晶体と言われる透明なレンズが、主に加齢とともに40代から少しずつ濁ってくる病気です。目の中の本来透明なレンズが濁ってきますので、透明なガラス越しに見るのではなく、少し濁った(曇った)ガラスから見るようなイメージです。言葉で表すと、『かすんで見える、ぼやけて見える、光が眩しい、ダブって見える』などです。

 

【白内障の見え方(左図)と通常の見え方(右図)のイメージ】

白内障では全体的に霞んでぼやっとした視界になります。

 

40歳代から少しずつ白内障が進んできますが、40~50歳代では濁りは軽いため、ほとんど白内障を自覚することはありません。(わずかに曇ったガラスだとよく見える感じです。)また、少しずつ、しかも両目とも進行するため、白内障になって少しずつ見え方が霞んできても、それが当たり前だと思われることが多いです。

 

白内障は悪い病気ではなく、いつでも治せますので、手術を急ぐ必要はありません。ただ色彩関係や、運転のお仕事など高度な見え方が要求される場合や、近視や遠視が強く眼鏡やコンタクトレンズが手放せない方は早めに手術されるとメリットが大きいと考えています。

 

白内障および白内障手術については、当院ホームページの各項目や、『院長ブログ』に『よくあるご質問』としてまとめさせていただいております。また『福岡白内障専門サイト』に動画を交えてご案内もさせていただいております。個別のご相談がございましたら、ホームページの『お問い合わせ』からメールを頂けましたら、数日以内に回答させていただきます。ご来院・受診していただけますと、目の状態も含め、直接お話させていただきたいと思います。

 

 

※『白内障手術についてよくあるご質問』: 

https://miyazakiganka.net/news/679/

※『福岡白内障専門サイト』: 

https://miyazakiganka.net/news/501/

※『みやざき眼科 お問い合わせフォーム』

https://miyazakiganka.net/contact/

 

2019.08.16
福岡市早良区の『みやざき眼科』白内障・網膜硝子体手術の日帰り手術
  • 眼科
  • 日帰り手術
〒814-0022
福岡市早良区原5丁目15-17
受付時間日・祝
8:45~12:15-
13:45~17:00手術手術--
お気軽にお問い合わせください。
092-407-2031
受付時間:8:45~12:15 / 13:45~17:00
お問い合わせ