白内障手術について皆様からよくいただくご質問に

『目の中に入れたレンズはどのくらいもつのですか?』

があります。

 

『一般的に、半永久的にもつと言われています。』とお答えしています。

 

目の中に入れる眼内レンズの素材は、アクリル、またはシリコンです。どちらも基本的に一生モノで、途中で劣化する(透明性が低下する)可能性はないと言われています。(以前はメーカーによっては濁りが生じてくるレンズがありましたが、現在はほぼ心配ないようです。)もちろん実際に数十年経過をみた訳ではありませんが、様々な試験により透明性が落ちることはないことが検証されています。

ですので、白内障手術を早めにしたからといって、いつか劣化して入れ替えが必要になる…といった心配はありませんので、ご安心ください。

 

※『白内障手術 無料説明・相談会』でも、白内障手術についての詳しいお話をさせていただいております。毎月第2・4土曜日に行っておりますので、お電話でお問い合わせくださいませ(定員がございます)。