白内障手術について皆様からよくいただくご質問に

『両目同時に手術ができますか?』

があります。

 

私は…

『両目同時に手術を行うデメリットはありますが、メリットもありますので、目やお身体の状態などを含めてお話した上で、メリットがあれば可能です。』

とお答えしています。

 

昔は、片方の目の手術をして、経過が良ければ反対の目…というように少なくとも1週間空けて手術をしていました。最近では白内障手術の合併症は非常に少なくなり、ほとんど心配なく手術を終え経過も良好ですので、両眼同時手術もある程度受け入れられるようになりました。

 

【両眼同時手術のメリット(良い点)】

『一度で手術を終えることができ、通院回数や生活上の制限(洗顔・洗髪などが出来ない期間)も半分で済む』点です。ご高齢であったり、身体の不自由な方など通院が難しい場合などには両眼同時に手術を行うのも良いかもしれません。

 

【両眼同時手術のデメリット(良くない点)】

『目標屈折のずれが生じた場合や、合併症が生じた場合の対応が難しくなる』点です。目標屈折のずれ(遠くがみえるように眼内レンズを選択したのに、近くの方にピントが合って遠くが見えにくくなるなど)も最近ではかなり少なくなりましたが、極端に近視の方や遠視の方などの場合には比較的起こる可能性があります。屈折ずれが大きい場合には、レンズの入れ替えやレーシックなどの追加手術が必要となる場合があり、両眼同時にすることで両眼とも手術が必要となってしまいます。

 

以上のメリット・デメリットを考え合わせた上で、是非ご相談いただければと存じます。

 

※『白内障手術 無料説明・相談会』でも、白内障手術についての詳しいお話をさせていただいております。毎月第2・4土曜日に行っておりますので、お電話でお問い合わせくださいませ(定員がございます)。

『白内障手術 無料説明・相談会』のお知らせ