白内障手術について皆様からよくいただくご質問に

『白内障の手術は2回できるのですか?』

があります。

 

『基本的に1回ですが、レンズが合わなかったり、裸眼でのピントがずれたりなど、特別な場合に2回することがあります。』とお答えしています。

 

白内障は、ご自身の目の中のレンズが固く濁ってくる病気です。手術では、その固く濁ったレンズを砕いて取り出して、新しい主にアクリル製のレンズを目の中に入れます。ご自身のレンズは取り除かれて、再生することはありませんし、新しく入れたレンズが濁ることも原則ありませんので、一般的に手術を2回することはありません。

 

ただし、

①目の中に入れたレンズが合わなかった場合(特に多焦点眼内レンズなど)

②術後に裸眼でピントが合う距離が、計算上と大きくズレてしまった場合

③その他、何らかの理由で1回目の手術でレンズを入れられなかったりした場合

などに、目の中に入れた人工のレンズを取り除いて、他のレンズに入れ替えることがあります。

 

①近年登場した『多焦点眼内レンズ』は、遠方から近方まである程度見えることで眼鏡の必要性がかなり減り、皆様に喜ばれています。ただそのような特殊なレンズは、一部の方で『合わない』ことがあります。遠近両用コンタクトレンズがどうしても合わない・慣れない方がいるのと同じような仕組みです。どうしても合わない場合に、多焦点レンズから単焦点レンズに入れ替えをされる方がおられます。

 

②白内障手術をすることで、遠視や近視・乱視を治すことができ、このことでも眼鏡やコンタクトレンズの必要性が少なくなり、とても喜ばれています。その際、術後に裸眼でどの距離が一番見やすくするかをある程度計算で決めることができます。(運転手さんなどは遠くの見え方が必要な時間が長いため、裸眼で遠くが見えるように、ピントの位置を遠くに合わせることを希望されます。)ただし、皆様の目の構造は多種多様であるため、計算したピントの距離とズレることがあり、そのズレが大きくなった場合に、レンズの入れ替えを希望される方がいらっしゃいます。

 

このように、基本的には1回限りの白内障手術ですが、最近は多焦点レンズが合わないことで単焦点レンズへの入れ替えの手術をされる方がおられます。(逆に、単焦点レンズから多焦点レンズへの入れ替えを希望される方もおられます。)皆様ひとりひとりに最適な白内障手術、および眼内レンズの選択を一緒に考えていければと思っています。

 

※『白内障手術 無料説明・相談会』でも、白内障手術についての詳しいお話をさせていただいております。毎月第2・4土曜日に行っておりますので、お電話でお問い合わせくださいませ(定員がございます)。

 

『白内障手術 無料説明・相談会』のお知らせ