多焦点眼内レンズで唯一「保険適応」の『LENTIS Comfort(レンティスコンフォート)』のご紹介

 

近年登場した『多焦点眼内レンズ』は白内障手術後に眼鏡から解放されることで、手術を受けた方にとても喜ばれています。これまでの『多焦点眼内レンズ』はすべて自由診療であり、一部日本で認可されたものが『先進医療』として認められていますが、民間の保険で「先進医療特約」に加入されていなければ、すべての多焦点眼内レンズは40~60万円と高額となっていました。

 

『LENTIS Comfort(レンティスコンフォート)』は新しいタイプの多焦点眼内レンズで、+1.5D加入の低加入度文節眼内レンズです。眼内レンズの上半分が遠方、下半分が+1.5D加入(80~100cm)の中間にピントが合う構造になっており、遠方から眼前70cm程度まで眼鏡なしで見ることができます。多焦点レンズでは唯一の「保険適応」であり、単焦点レンズと同じ費用負担となります(1割負担:1万5千円、3割負担:4万5千円)

 

利点と欠点は以下の通りです。

 

【利点】

①遠くから中間距離まで裸眼で見ることができ、単焦点レンズと比較して眼鏡の必要性が減る

②多焦点眼内レンズの中では、グレア・ハロー(光の見え方の不具合)が少ない

③多焦点眼内レンズの中では唯一の「保険適応」であり、費用がかなり抑えることができる

 

【欠点】

①近くは見えにくいため、眼鏡(老眼鏡)が必要となる

②屈折型多焦点レンズ特有の「ゴースト」と言われる像のにじみを生じる可能性がある

③乱視矯正はできない(乱視がある程度以上ある方は不適応)

 

 

「先進医療特約」に加入されていない方で、費用を抑えて眼鏡から出来るだけ解放されたい方は、この『LENTIS Comfort(レンティスコンフォート)』をお勧めしたいと考えていますので、どうぞご相談ください。