一生に一度の白内障手術ですので、皆様悩まれますよね…お気持ちはよく分かります。各種多焦点眼内レンズも登場し、選択肢が広がったことは患者さんにとってとても良いことです。その分、どの選択肢がご自身にとって良いのか、なかなか決めるのが難しくなってきています。当院では患者さんと十分お話の上、その生活スタイルやお仕事・ご趣味などを含めどの選択肢が良いか、一緒に考えて決めていきたいと思います。

 

白内障手術についてよくあるご質問の1つが

『いつ手術したらいいですか?』

です。

これは実はお答えするのに難しい質問なのですが、一般的に

『ご自身がお困りになって来た時です。』

とお伝えしています。

 

皆様、生活スタイルやお仕事・ご趣味などが多様になってきていて、一概に視力で判断するものではなくなりました。比較的ご自宅で過ごされる時間が長い方と、タクシーなどを仕事で運転されている方では、見え方の重要度がかなり異なってきます。また近視や遠視、乱視などが強めの方はメガネを必要としますので、白内障手術により近視や遠視が治ると、メガネから解放されるため、早めに手術を受けられることをお勧めしています。

 

具体的には以下のような場合には手術をお勧めいたします。

  1. 日常生活に支障が出る場合(買い物、編み物、スポーツ、運転など)
  2. 矯正視力が0.7以下(運転免許の更新ができない)
  3. 仕事上などで、見る力が高く求められる場合(専門職、運転手など)
  4. 白内障のため、目の奥の状態が観察しにくくなった場合(糖尿病、緑内障など目の病気)
  5. 急性緑内障発作をおこしそうな場合
  6. 高度な近視や遠視の場合(メガネやコンタクトから開放される時間が増える)

 

最終的には、すべて含めて十分お話させて頂いた上で、手術の時期を決めていきましょう。お気軽にご相談ください。

 

※『白内障手術 無料説明・相談会』でも、手術時期のお話をさせていただいております。毎月第2・4土曜日に行っておりますので、お電話でお問い合わせくださいませ(定員がございます)。

『白内障手術 無料説明・相談会』のお知らせ