〜時代は2焦点眼内レンズから3焦点眼内レンズへ〜

日本初の先進医療認定された3焦点眼内レンズ『PanOptixパンオプティクス』

 

2008年に日本で最初に認可された2焦点眼内レンズは、遠方と近方(または中間)に焦点が合うため、多くの場合でメガネが不要です。しかし、中間距離(または近方)はやや見えにくさを自覚されることがありました。

 

2019年に日本で初めて認可された3焦点眼内レンズは、近方と遠方に加えて中間距離にも焦点が合った眼内レンズです。このため、運転時の遠方、テレビやパソコン、カーナビや料理などがさらに見やすくなりました。当院ではこの3焦点眼内レンズ、アルコン社製『PanOptixパンオプティクス』を積極的に使用しています。

 

 

【PanOptixパンオプティクスの特徴】

①遠方から近方距離の自然な見え方の実現

従来の多焦点レンズでは中間距離の見えにくさが一部問題となっていました。パンオプティクスは40–80cmの連続した焦点距離が、パソコン作業やスマートフォン、料理、ゲームなど、術後に希望するライフスタイルの実現をサポートします。

②乱視も矯正可能

これまで多焦点レンズでは乱視矯正が出来るものがほとんどありませんでした。そのため、多焦点レンズの手術後に乱視を矯正するための屈折矯正手術(レーシックなど)を受けていただく必要性がありました。しかしパンオプティクスは乱視矯正用もあるため、白内障手術だけで乱視も治すことができるようになりました。

③瞳孔の大きさへの依存を軽減

パンプティクスは4.5mmの回折領域により瞳孔径への依存度を軽減し、さまざまな光の条件下での見え方を最適化します。利用可能なすべての光の半分を遠方に配分し、残り半分の光を近方と中間に等しく配分しています。

④3焦点眼内レンズでは初めての、先進医療特約にて負担は実質無料

3焦点眼内レンズとしては日本で初めて先進医療として認められた唯一のレンズです。このため、先進医療特約に加入されている方は、40~50万円の費用負担がほぼ無料となります。

 

 

このように眼鏡をほぼ掛けることなく、遠方から近方まで自然な見え方を追求した3焦点眼内レンズ『PanOptixパンオプティクス』。最先端であり、これからの多焦点レンズの中心となる眼内レンズです。多焦点眼内レンズならではの、コントラスト感度の低下、光の見え方の不具合「グレア・ハロー」、一部合わない場合などがあることを含め、是非ご相談くださいませ。